日焼け対策に必須のアイテム

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

日焼け対策に一番大切なことは、紫外線に当たる時間を短くすることですが、そうもいかないことが多いですよね。そこで、日焼け対策に必須のアイテムをみてみましょう。

1 手の甲まで隠れるアームカバー
ちょっとした外出の際も、アームカバーをして、直接肌に紫外線が当たるのを防ぎましょう。また、車を運転している時も、紫外線は容赦なく降り注いできます。アームカバーをつけ、腕を守りましょう。いつも持ち歩くバッグに入れておくと、いつでもどこでもサッとつけることができます。

2 ツバの広いハット
顔は一番日焼けしたくない場所ですよね。日焼け止めクリームと合わせて、ツバ広ハットをかぶりましょう。ネットでも、カラー、材質、デザインなど様々なものが販売されていますので、自分のお気に入りがきっと見つかります。

3 日焼け止めクリーム
これは、一年中塗っておいた方がいいです。特に春先などは気温の割に紫外線が強いので、知らないうちにたくさん浴びてしまうことになります。顔、腕はもちろん、首筋、デコルテなどにも念入りに塗ります。たくさんの種類が売られていますので、SPFの値や、塗った時の感覚などから、自分に合ったものを選ぶといいですね。

その他、お水をたくさん飲み、ビタミンCの多いフレッシュフルーツ、きゅうりやトマトなどの夏野菜も多めに摂取し、体の内側からケアしてあげることも大切です。 日焼け対策に一番大切なことは、紫外線に当たる時間を短くすることですが、そうもいかないことが多いですよね。そこで、日焼け対策に必須のアイテムをみてみましょう。

1 手の甲まで隠れるアームカバー
ちょっとした外出の際も、アームカバーをして、直接肌に紫外線が当たるのを防ぎましょう。また、車を運転している時も、紫外線は容赦なく降り注いできます。アームカバーをつけ、腕を守りましょう。いつも持ち歩くバッグに入れておくと、いつでもどこでもサッとつけることができます。

2 ツバの広いハット
顔は一番日焼けしたくない場所ですよね。日焼け止めクリームと合わせて、ツバ広ハットをかぶりましょう。ネットでも、カラー、材質、デザインなど様々なものが販売されていますので、自分のお気に入りがきっと見つかります。

3 日焼け止めクリーム
これは、一年中塗っておいた方がいいです。特に春先などは気温の割に紫外線が強いので、知らないうちにたくさん浴びてしまうことになります。顔、腕はもちろん、首筋、デコルテなどにも念入りに塗ります。たくさんの種類が売られていますので、SPFの値や、塗った時の感覚などから、自分に合ったものを選ぶといいですね。

その他、お水をたくさん飲み、ビタミンCの多いフレッシュフルーツ、きゅうりやトマトなどの夏野菜も多めに摂取し、体の内側からケアしてあげることも大切です。

頭皮にきびが出来る原因

070505

にきびといえば顔に出来るイメージがある肌トラブルの1つです。
ですが、顔だけでなく頭皮も以外と、にきびが出来やすいと言われています。
頭皮にきびが出来てしまう、原因の1つに挙げられるのが皮脂です。
皮脂はにきびの要因となる、アクネ菌のエサとなります。
頭皮の皮脂分泌が過剰だと、アクネ菌が増殖しにきびを引き起こしてしまうのです。
また、皮脂は毛穴を詰まらせます。
毛穴詰まりも頭皮にきびの原因です。
皮脂が多い頭皮はにきび予防の為、シャンプーなどで清潔に保つケアを行いましょう。
ただ、シャンプーやトリートメントが、頭皮にきびを招く原因にもなるので、注意が必要です。
シャンプーやトリートメントをしっかり洗い流さないと、成分が毛穴に詰まります。
皮脂同様、毛穴詰まりによってニキビが出来てしまうのです。
この他にも整髪料などが、毛穴に詰まりニキビを招くケースがあります。
シャンプーやトリートメントは、十分に洗い流しましょう。
ただ、頭皮にきびが気になるからといって、シャンプーのし過ぎも良くありません。
シャンプーを1日に何回も行うと、頭皮にはダメージとなりますし、今度は頭皮の乾燥によってにきびが起こりやすくなります。
シャンプーは基本、1日に1回で十分です。

思わず触りたくなる赤ちゃん肌になる方法

abd390f14ad9196170367cf873c40dfd_s

プルプル、もちもちでの赤ちゃん肌に憧れる人も多いのではないでしょうか。

今回は思わず触ってしまいたくなるような赤ちゃん肌になる方法を書きます。

赤ちゃん肌とは、

①もちもちしていて乾燥していないこと、

②白いこと、

③ニキビのないことが主な特徴としてあげられます。

このような肌に近づけるために普段どのようなことを実践すればよいのでしょうか。

まず①のような肌にするためには、肌が乾燥しないようしっかり保湿をすることが大事です。

寝ている間に肌の水分が奪われることが多いため、寝る前に、化粧水をたっぷりつけ、保湿クリームをたっぷり塗りましょう。

化粧水をつけるときは、コットンパックを10分ほどすると、肌の潤い度がアップするでしょう。

次に②のような肌にするためには、全ての季節、晴れている日に日傘、日焼け止めを必ずぬるようにして、シミやそばかすを作らないように心がけましょう。

最後に③のような肌にするために、ビタミンB、緑黄色野菜を毎日摂取することを心がけましょう。

また、ストレスは大敵です。

肌の代謝をよくし、精神をリラックスさせるためにも、毎日半身浴を30分以上するのも良いでしょう。

赤ちゃん肌をつくるためには、日々の積み重ねが大事です。

毎日努力を怠らないようにしましょう。

簡単に小顔になる方法について

352766

特に女性にとって顔の大きさは重要で小顔の人の隣に並んで写真をとりたくないという方も多いです。

目や鼻など、顔のパーツに関しては、ある程度お化粧をすることでカバーすることが出来ますが顔の大きさは生まれ持ったものがあり大きな顔の人が小さくなるためには整形し骨を削るしかないと考えている方も多いかも知れません。

しかし、実はちょっとしたマッサージやエクササイズで一瞬で小顔になれる方法があります。

一番簡単な方法は力を入れずに耳たぶを回すことです。

ただこれをするだけでここまで変わるのかと感心するほど小顔になれます。

この方法は小顔以外にもたるみにも効果があると言われておりテレビなどでも紹介されているほどメジャーな小顔になる方法です。

次に口周りを引き締めたい方におすすめの方法が舌回しと呼ばれる方法でただ口の中で舌をぐるぐると回す方法です。

この方法によって口周りの普段使わない筋肉を鍛えることができるのでほうれい線や二重あごにも効果があります。

また、顔全体がむくんで大きくなってしまいがちな方にはリンパマッサージをおすすめします。

この方法で顔全体のリンパの流れを改善してあげることができるのでむくみがひどい人にはとてもおすすめの方法です。

小顔になる方法は以外と簡単ですのでぜひお試しください。

思春期と大人、ニキビ予防にそれぞれ大切なこと

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

年齢を重ねるほど、自分の見た目が気になっていき、誰しもが自分に対してコンプレックスを抱えるようになるものです。
特に思春期は、友達や異性からどう見られるのかということが、とても気になってしまう時期です。
思春期には、ニキビに悩まされる子も多くいます。
ニキビは、顔という隠せず、目立つ場所にできてしまうものですし、上手く処置をしないと、跡にもなってしまうものなので、場合によっては大きなコンプレックスになってしまうこともあります。
思春期にできるニキビの原因は、骨や筋肉の成長のために分泌される成長ホルモンの影響によって、皮脂の分泌も活発化することと言われています。
思春期のニキビ予防としては、顔を清潔に保つことが大切です。また、最近では思春期のニキビ予防に効果的な化粧水もお手頃な価格で販売されているので、そういった商品を利用するのも手です。

それに対して、大人になってできてしまうニキビは、生活習慣の乱れ、ストレス、栄養の偏り、睡眠不足などが原因といわれています。
大人のニキビ予防では、洗顔をし過ぎないことが大切です。
洗顔をし過ぎてしまうと、お肌の表明の保湿に必要な部分までが洗い流されてしまい、お肌が乾燥し、お肌の柔軟性が失われて余計に毛穴が詰まることで、ニキビの原因となってしまいます。
お肌の角質を取るためのピーリングは、毛穴の汚れを取るためにはとても効果的ですが、洗顔同様に、やり過ぎは良くないのです。
また、メイクを落とす際に、オイルクレンジングを使用する女性は多いですが、オイルクレンジングに含まれる油分がニキビの原因になってしまうことがあるので、ニキビができやすい人は、オイルクレンジングではなく、ミルククレンジングや、クレンジング水などをコットンに含ませて、優しくメイクを落とす方法がおすすめです。
そして、野菜中心の食生活を心がけ、睡眠をできるだけしっかり取るようにし、上手にストレスを逃がしていくことが大切です。