思わず触りたくなる赤ちゃん肌になる方法

abd390f14ad9196170367cf873c40dfd_s

プルプル、もちもちでの赤ちゃん肌に憧れる人も多いのではないでしょうか。

今回は思わず触ってしまいたくなるような赤ちゃん肌になる方法を書きます。

赤ちゃん肌とは、

①もちもちしていて乾燥していないこと、

②白いこと、

③ニキビのないことが主な特徴としてあげられます。

このような肌に近づけるために普段どのようなことを実践すればよいのでしょうか。

まず①のような肌にするためには、肌が乾燥しないようしっかり保湿をすることが大事です。

寝ている間に肌の水分が奪われることが多いため、寝る前に、化粧水をたっぷりつけ、保湿クリームをたっぷり塗りましょう。

化粧水をつけるときは、コットンパックを10分ほどすると、肌の潤い度がアップするでしょう。

次に②のような肌にするためには、全ての季節、晴れている日に日傘、日焼け止めを必ずぬるようにして、シミやそばかすを作らないように心がけましょう。

最後に③のような肌にするために、ビタミンB、緑黄色野菜を毎日摂取することを心がけましょう。

また、ストレスは大敵です。

肌の代謝をよくし、精神をリラックスさせるためにも、毎日半身浴を30分以上するのも良いでしょう。

赤ちゃん肌をつくるためには、日々の積み重ねが大事です。

毎日努力を怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です