メリロートの効果について

b4d075ed7d0ccae7b4d4dc85724488d0_s

メリロートはむくみ改善効果が高く、大手メーカーからサプリメントも出ていて一躍メジャーな名前となりました。

メリロートはヨーロッパからアジアにかけての温かい地方に生息しています。
甘い香りが特徴のマメ科の天然ハーブです。

古代ギリシャでは炎症や頭痛の薬として使用されていました。

メリロートには芳香性物質のクマリンという血液の流れを良くする成分が入っています。
たまった悪い血液が流れ、セルライトができにくくなります。
血行不良による肩こりや冷え症も改善につながります。
体の中の水分やリンパ液にも効き、むくみが改善に効果があります。
そしてむくみが解消され、下半身が痩せるという効果も期待できます。

サポニンという肥満の防止・がんの抑制効果のある成分とケスセチンという血液のコレステロール値を抑える成分が入っています。

メリロートは大量に摂取すると肝機能を低下させたり、頭痛を引き起こすことがあります。
1日当たりの摂取量の目安はメリロート300mg以下、クマリン4mg以下です。
長期にわたる使用は血液中のカリウムやナトリウムといったミネラルが増えすぎたり減りすぎたりして、体のミネラルバランスを崩す
恐れがあります。

メリロートは短期間で効果的に使用するべきといえます。

お風呂でのスキンケア

d8bb9a74943fc43f68efd8903cc727fa_s

お風呂に入るときは少しでも自分を磨くようにしています。

ルーティン化しているのは順番です。

頭を洗い、トリートメントをつけて浸透させている間に入浴、5分程したら洗顔やフェイスケア、トリートメントを流してから体を洗い、トリートメントが残らないように気を付けてから本格的に入浴。

最低限のルーティンは必ず毎日しています。

これにプラスして週に2回、曜日を決めて顔と首のピーリングをしています。

最近使うようになったのがSingという炭酸パックです。

ブロガーさんが使っているのを見て、通販で取り寄せました。紗栄子さんがInstagramに載せていたそうで、効果が高そうと期待大。

洗顔・ピーリング・ホワイトパック・保湿の4つの効果があるそうで、確かに使い続けるとお肌のトーンがあがったような気がしました。

プッシュするとムースが出て来て楽チンなので使い続けやすいです。毎日使っても大丈夫なようですが、肌が弱い私は毎日ピーリング効果があるのは怖いなと思って週に2回の利用に留めています。

体を洗ったあと、気持ち的にも体力的にも疲れていないときにはマッサージクリームをつけて全身マッサージをしてからお風呂を出ます。

疲れているときは最低限のルーティンしかやりません。

私の場合は無理をしないことが継続に繋がっているみたいです。

思わず触りたくなる赤ちゃん肌になる方法

abd390f14ad9196170367cf873c40dfd_s

プルプル、もちもちでの赤ちゃん肌に憧れる人も多いのではないでしょうか。

今回は思わず触ってしまいたくなるような赤ちゃん肌になる方法を書きます。

赤ちゃん肌とは、

①もちもちしていて乾燥していないこと、

②白いこと、

③ニキビのないことが主な特徴としてあげられます。

このような肌に近づけるために普段どのようなことを実践すればよいのでしょうか。

まず①のような肌にするためには、肌が乾燥しないようしっかり保湿をすることが大事です。

寝ている間に肌の水分が奪われることが多いため、寝る前に、化粧水をたっぷりつけ、保湿クリームをたっぷり塗りましょう。

化粧水をつけるときは、コットンパックを10分ほどすると、肌の潤い度がアップするでしょう。

次に②のような肌にするためには、全ての季節、晴れている日に日傘、日焼け止めを必ずぬるようにして、シミやそばかすを作らないように心がけましょう。

最後に③のような肌にするために、ビタミンB、緑黄色野菜を毎日摂取することを心がけましょう。

また、ストレスは大敵です。

肌の代謝をよくし、精神をリラックスさせるためにも、毎日半身浴を30分以上するのも良いでしょう。

赤ちゃん肌をつくるためには、日々の積み重ねが大事です。

毎日努力を怠らないようにしましょう。

思春期と大人、ニキビ予防にそれぞれ大切なこと

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

年齢を重ねるほど、自分の見た目が気になっていき、誰しもが自分に対してコンプレックスを抱えるようになるものです。
特に思春期は、友達や異性からどう見られるのかということが、とても気になってしまう時期です。
思春期には、ニキビに悩まされる子も多くいます。
ニキビは、顔という隠せず、目立つ場所にできてしまうものですし、上手く処置をしないと、跡にもなってしまうものなので、場合によっては大きなコンプレックスになってしまうこともあります。
思春期にできるニキビの原因は、骨や筋肉の成長のために分泌される成長ホルモンの影響によって、皮脂の分泌も活発化することと言われています。
思春期のニキビ予防としては、顔を清潔に保つことが大切です。また、最近では思春期のニキビ予防に効果的な化粧水もお手頃な価格で販売されているので、そういった商品を利用するのも手です。

それに対して、大人になってできてしまうニキビは、生活習慣の乱れ、ストレス、栄養の偏り、睡眠不足などが原因といわれています。
大人のニキビ予防では、洗顔をし過ぎないことが大切です。
洗顔をし過ぎてしまうと、お肌の表明の保湿に必要な部分までが洗い流されてしまい、お肌が乾燥し、お肌の柔軟性が失われて余計に毛穴が詰まることで、ニキビの原因となってしまいます。
お肌の角質を取るためのピーリングは、毛穴の汚れを取るためにはとても効果的ですが、洗顔同様に、やり過ぎは良くないのです。
また、メイクを落とす際に、オイルクレンジングを使用する女性は多いですが、オイルクレンジングに含まれる油分がニキビの原因になってしまうことがあるので、ニキビができやすい人は、オイルクレンジングではなく、ミルククレンジングや、クレンジング水などをコットンに含ませて、優しくメイクを落とす方法がおすすめです。
そして、野菜中心の食生活を心がけ、睡眠をできるだけしっかり取るようにし、上手にストレスを逃がしていくことが大切です。