30代のファンデーション事情とは

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

肌の曲がり角を何度か経験した30代の女性の肌は、乾燥や毛穴の開きなどに依然として悩まされます。

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、パウダータイプなどなど種類がありますが、そろそろ何をしてもいい感じにならなくなってきます。

やはりどんな高いファンデーションを使うよりも土台がしっかりしていないとどうしようもないのです。

そんなこと言われても肌のターンオーバーはすぐできるわけではありません。

そこはしっかり栄養をとってきれいにしていくことを前提として、ではきれいになるまでの間どうすればよいのでしょうか。

すっぴんで過ごしますか?そんなのは家からでないということが前提じゃないとできません。

では、肌に負担をかけずに今の荒れた肌が治るまでどうやってやりすごせばよいのでしょうか。

ところで、女性は大抵、30代になると肌の水分量が減ってくるので乾燥してきます。この乾燥のせいで肌のハリがなくなってきます。

なので肌をきれいにみせるためにこってりしたファンデーションをつかうようになるのですが、これが実は間違っています。

肌に密着するタイプのファンデーションはそれだけ肌に負担をかけますので、パウダーファンデを水でとかずに使用するのがベストです。

保湿をしっかりした後にすると良いでしょう。

そして日焼け止めは肌にあったものを使用してください。

なるべく弱いPAのものを使用してしっかり落とすようにします。

そんな基本的なことと思うかもしれませんが、若い時とは違いたくさんの刺激に耐えられる肌ではないので基礎をしっかり丁寧にやることで肌も生き生きとしてくるのです。