頭皮にきびが出来る原因

070505

にきびといえば顔に出来るイメージがある肌トラブルの1つです。
ですが、顔だけでなく頭皮も以外と、にきびが出来やすいと言われています。
頭皮にきびが出来てしまう、原因の1つに挙げられるのが皮脂です。
皮脂はにきびの要因となる、アクネ菌のエサとなります。
頭皮の皮脂分泌が過剰だと、アクネ菌が増殖しにきびを引き起こしてしまうのです。
また、皮脂は毛穴を詰まらせます。
毛穴詰まりも頭皮にきびの原因です。
皮脂が多い頭皮はにきび予防の為、シャンプーなどで清潔に保つケアを行いましょう。
ただ、シャンプーやトリートメントが、頭皮にきびを招く原因にもなるので、注意が必要です。
シャンプーやトリートメントをしっかり洗い流さないと、成分が毛穴に詰まります。
皮脂同様、毛穴詰まりによってニキビが出来てしまうのです。
この他にも整髪料などが、毛穴に詰まりニキビを招くケースがあります。
シャンプーやトリートメントは、十分に洗い流しましょう。
ただ、頭皮にきびが気になるからといって、シャンプーのし過ぎも良くありません。
シャンプーを1日に何回も行うと、頭皮にはダメージとなりますし、今度は頭皮の乾燥によってにきびが起こりやすくなります。
シャンプーは基本、1日に1回で十分です。

思春期と大人、ニキビ予防にそれぞれ大切なこと

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

年齢を重ねるほど、自分の見た目が気になっていき、誰しもが自分に対してコンプレックスを抱えるようになるものです。
特に思春期は、友達や異性からどう見られるのかということが、とても気になってしまう時期です。
思春期には、ニキビに悩まされる子も多くいます。
ニキビは、顔という隠せず、目立つ場所にできてしまうものですし、上手く処置をしないと、跡にもなってしまうものなので、場合によっては大きなコンプレックスになってしまうこともあります。
思春期にできるニキビの原因は、骨や筋肉の成長のために分泌される成長ホルモンの影響によって、皮脂の分泌も活発化することと言われています。
思春期のニキビ予防としては、顔を清潔に保つことが大切です。また、最近では思春期のニキビ予防に効果的な化粧水もお手頃な価格で販売されているので、そういった商品を利用するのも手です。

それに対して、大人になってできてしまうニキビは、生活習慣の乱れ、ストレス、栄養の偏り、睡眠不足などが原因といわれています。
大人のニキビ予防では、洗顔をし過ぎないことが大切です。
洗顔をし過ぎてしまうと、お肌の表明の保湿に必要な部分までが洗い流されてしまい、お肌が乾燥し、お肌の柔軟性が失われて余計に毛穴が詰まることで、ニキビの原因となってしまいます。
お肌の角質を取るためのピーリングは、毛穴の汚れを取るためにはとても効果的ですが、洗顔同様に、やり過ぎは良くないのです。
また、メイクを落とす際に、オイルクレンジングを使用する女性は多いですが、オイルクレンジングに含まれる油分がニキビの原因になってしまうことがあるので、ニキビができやすい人は、オイルクレンジングではなく、ミルククレンジングや、クレンジング水などをコットンに含ませて、優しくメイクを落とす方法がおすすめです。
そして、野菜中心の食生活を心がけ、睡眠をできるだけしっかり取るようにし、上手にストレスを逃がしていくことが大切です。